浮気調査の契約とトラブル

浮気調査の契約でトラブルが多いのは
調査料金の金額、調査内容、解約の3点です。

浮気調査の契約をしてトラブルになった例を
消費者センターのホームページや
弁護士が書いた本などを読んで調べてみました。

1.探偵社で浮気調査の契約をしたけど高額すぎる。
2.具体的な報告がされず、調査が不十分だ。
3.解約しようと思ったら高額な違約金を請求された。

この3点が絡んでトラブルになっている例が多いです。

★1については、調査契約時には、探偵社に行く前に
調査料金の相場を調べておくことが大事です。
探偵会社での調査契約時の注意点


★2については、調査中に旦那さんが浮気しなくても
何時何分にどこで何をしていたかを
証拠画像などを添えて報告してもらうことです。

調査中に旦那さんが浮気をしなくても
調査がきちんとされていれば、問題なしと言えます。


★3については、契約書に解約条件を記載していない探偵社は
契約内容がいい加減だということになります。

探偵業法ができてからは、「契約書」のほかに
「重要事項説明書」と「誓約書」も契約時に必用な書類です。

重要事項説明書には、契約解除に関する決め事も明記されます。

キャンセル料金が発生するのは、旅行代理店の契約と同じで
仕方ないことですが、その条件を書面に残す必用があります。

誓約書は、あなたが調査を依頼する時に探偵社に出す書類です。

書類は探偵社で用意してくれますが
あなたが、調査で知ったことを悪用したり
違法行為をしないという事などを約束する書類です。

最低でも、この3つの書類が用意されていて、内容をよく読んで
不明な点は説明を受けて、決めたことを、書面に書いてもらってから
良く考えて契約した方が間違いないです。

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
浮気調査で探偵社を頼らない TOPページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。