新婚初日の不倫疑惑

主人の浮気の疑いは
同居した日から始まりました。

当時は、探偵社とか興信所などの存在は
私とは無関係というより、意識をしたこともありません。

主人とは、東京で仕事の関係で知り合い、付き合っていました。
半年くらいしてから、彼が東北の仙台市に転勤になったのです。

週末になると、私が新幹線で仙台に行き
遠距離恋愛のような状態が3ヶ月くらいありました。

その後、私は自分の仕事を辞めて
仙台に移り住むことを決めたのです。

決めるまでは、色々悩みました。
本当に彼でいいのか?
他に方法があるのでは? とか。

結婚式も入籍も、後回しにして同居を始めました。

新築の2LDKのマンションは
私にとって、甘い新婚生活の始まりのはずでした。

彼が待っている新居に着いた私は
部屋のレイアウトや掃除、洗濯を始めます。

その時に見た光景を思い出すと今でも胸が苦しくなります。


「あっ!!」


大きな声で叫んで、立ちすくんだ私を見て
主人は私に駆け寄りました。

私が指差した洗濯機の中を見た主人は
私を抱きしめて、ゴメンゴメンと言いながら
言い訳を続けていたと思います・・・

主人のパジャマを洗っている洗濯機の中に
見たことの無い、女の下着が浮いていました。

下着が、浮気や不倫と関係あるかどうかなど
そのときは考える余裕もありませんでした。


嫌悪感で・・・
すぐにでも部屋を飛び出したい気持ちでいっぱいでした。

でも仙台には、私の知り合いは、一人もいません。

「いまさら帰るところが無い」
という状況に置かれていることにも気づきました。

いま思えば
寂しくて、悲しくて、苦しい日々の始まりだったのです。

この事件をきっかけに、主人の行動の全てが
「浮気をしているかも知れない」と思えるようになってしまいました。

楽しくて幸せな日もありました。
思い出すと余計につらくなるので
今は思い出さないようにしています。

今の私にとっては
現在の生活と未来を充実させることが大切なんです。

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
浮気調査で探偵社を頼らない TOPページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。